占い師「彼女さんの後ろに、、動物のオブジェの様な物が見えます。今すぐ捨てなさい」⇒言いつけどおりに捨てた結果

占い師「彼女さんの後ろに、、動物のオブジェの様な物が見えます。今すぐ捨てなさい」⇒言いつけどおりに捨てた結果
183 :本当にあった怖い名無し:2006/05/13(土) 13:10:26 ID:d6nOfoGU0
先日、アンティーク好きな彼女とドライブがてら、骨董店やリサイクルショップを回る事になった。
俺もレゲーとか古着など好きで、掘り出し物のファミコンソフトや古着などを集めていた。
買うものは違えども、そのような物が売ってる店は同じなので、楽しく店を巡っていた。
お互い掘り出し物も数点買う事ができ、テンション上がったまま車を走らせていると、
一軒のボロッちい店が目に付いた。
「うほっ!意外とこんな寂れた店に、オバケのQ太郎ゴールドバージョンが眠ってたりすんだよな」
浮かれる俺を冷めた目で見る彼女と共に、俺は店に入った。

コンビニ程度の広さの、チンケな店だった。主に古本が多く、家具や古着の類はあまり置いていない様だった。
ファミコンソフトなど、『究極ハリキリスタジアム』が嫌がらせのように1本だけ、
埃を被って棚に置いてあるだけだった。

もう出ようか、と言いかけた時、「あっ」と彼女が驚嘆の声を上げた。
俺が駆け寄ると、ぬいぐるみや置物などが詰め込まれた、バスケットケースの前で彼女が立っていた。
「何か掘り出し物あった?」
「これ、凄い」
そう言うと彼女は、バスケットケースの1番底に押し込まれる様にあった、正20面体の置物を、
ぬいぐるみや他の置物を掻き分けて手に取った。
今思えば、なぜバスケットケースの1番底にあって外からは見えないはずの物が、彼女に見えたのか、
不思議な出来事は、ここから既に始まっていたのかもしれない。